クレジットカードと正しく付き合う

クレジットカードと正しく付き合う

クレジットカードと正しく付き合う

 

クレジットカードを使っても、クレジットカードに使われないようにしたいものです。現金が見えない分、お金を使って借金しても実感がわかないのが、クレジットカードの恐ろしい所です。

 

かなり自制して使わないと、後でとんでもないことになりかねません。以前、私はクレジットカードの会社の単発の仕事をしたことがありました。ある宝飾店の展示即売会のカード支払いの担当をやりました。宝飾品をカードで支払いされるお客様の、支払い能力があるかどうかの確認をします。中にはすでにブラックリストに乗っているような方もいらっしゃいました。

 

見た目は品の良さそうなご婦人でした。すでに買い物依存症になっていたのでしょうか。カードが使えないことがわかり、丁重にお断りをいたしました。物欲に負けて、手持ちのお金がなくても簡単にカードで買い物ができてしまう世の中です。しかも、買い物を多くすれば、ポイントがたくさんついたり、いろいろな特典が付いてくることもあります。

 

よほど、クレジットカードの管理をしっかり行っていないと、カードに振り回されてしまうような気がします。クレジットカードは便利ですが、最悪の場合、自己破産になってしまいます。そうならないためにも、クレジットカードとの付き合い方を今一度、よく考えてみたいものです。

 

 

お金を簡単に貸してくれる人も要注意

 

10年くらい前なんですが、私が困ってるときに、親切にお金を貸してあげると言ってくださった方がいました。冷蔵庫とTVと洗濯機が一気に壊れてしまい、高額な出費になるけど一気には無理だな、どれから購入するか悩んでるって笑い話の半分本気の話を仕事場でしてた時のことです。

 

取引先の方で、もう老婆って年の方なんですが、おじいさんと二人で寂しいのでアルバイトにこないかって事で、ありがたく行かせてもらって前金って事で10万円貸してくださいました。お給料は別でだしてあげるから、返せるときでいいからね、と貸してくださって、その時は神様だって思ったんです。バイト料も1時間千円の買い物とか料理の手伝いとかおじいさんのお風呂のお手伝いとか。

 

しかも、おじいさんが、また優しい方だったんで全然、苦痛ではなかったんです。夫婦には子どももなく寂しかったから孫ができたか娘が出来たって感じかな?って最初はうまくいってたのですが・・バイト終了の日が来たら延長をお願いされ、仕事に差し支えない程度と、やはりプライベートな用事も大事にしたいので時間を短くして週2か3にしてもらい続行したのです。

 

でも、段々、家族になりすぎたのか、老後をみてくれるなら財産あげるとか、変な話になってきたのです。美味しい話なのかもしれませんが、やはり身内ではないのに勝手にそんな話決められても怖いです。ドンドン要求は増えてきて、一緒に住んだら家賃がいらないからとか引越しの話にまでなりました。怖くなり知人にお金を借りて一括で返済し、その後は少しずつ距離をおき離れました。

お金を借り入れることは良くない事だと言われていますが、私としては必要な時には借りても良いと考えています。これまでもキャッシングを利用したことは何度もあるし、その時はかなり助かったのです。

 

車を購入する時には、自動車ローンをする人はかなり多くいます。車を購入する時にはローンがあたりまえという考え方があるのだと思います。ただ、これはキャッシングを車時のお金を借り入れた状態とほとんど一緒であり、借り入れを返済しているのと同じ状況となります。家を建てるときにもお金を借りれますが、その辺りも全て一緒だと思うのです。

 

ですが、不動産のローンや車のローンは誰でもやっていて、キャッシングはやってはいけないような風潮はおかしいように感じられます。

 

新たにお金を借り入れするときには、その人の信用を調査するためにこれまでのキャッシングの履歴やローンの返済がどうであるかを信用協会に問い合わせるそうなのですが、そこに記載されているのは、一時的な借り入れやローン、クレジットカードで借り入れた内容等です。その事が分かってからは、生活の見通しが出来る場合はお金を借り入れるようにしています。

 

逆に現金ではなくローンを組んだ方が良い場面もあるので、長期的な見通しをしてお得な方を選ぶのです。ふく

私は、免許を取った直後に親から最初のクルマは中古の軽自動車を買いました。初めて乗るクルマだから、運転に慣れるためということで、2年ローンで買いました。でも、車検前に次のクルマを買うつもりで乗っていました。車検が来る前に、次のクルマを探して今度は新車で買うことにしました。

 

新車の車検は3年ということで、車検代をどうしようかと悩んでいました。ある程度お金を貯めては来たけれど、やはりなかなか貯められない性格か車検代の見積りを取ったら、ぜんぜん足らないことに気づき困ったことになりました。親もさすがに車検代を出すほどの余裕がないため、更なる困難を極めました。

 

そこで、お金を借りて一時的に用意立てをすることに決めました。車検代だけでも借りれればいいので、申し込みの際の限度額は、見積りをしてもらった金額に近いキリのいい金額にしました。もちろんこれは、使いすぎたりしないための自衛策でもありますし、返し忘れないための意識を持つためでもあります。

 

申し込み後の審査と契約もスムーズに済み、おかげで無事に初めての車検代を払うことが出来ました。このクルマは大好きなクルマなので、維持が出来なくなるまで大事に乗りたいのでこれからは車検代もきちんと貯めなきゃなと思う出来事でした。

消費者金融とクレジットに7社約250万程の借入が出来てしまい日常生活にも支障をきたす程苦境に陥りました。頭の中は常に返済の事でいっぱいになり仕事も手に着かない事も多々ありました。そんな中消費者金融のL社からおまとめローンについての勧誘がありました。

 

内容を聞いてみるとその名の通り他社分を1本化して返済していくというものでした。精神的にもきつかったので負担が軽減出来るものであればと思い来店し詳細を尋ねました。

 

このローンには保証人が必要だった事がネックで数日検討し頭の中でシュミレーションを描きながら考えました。現状のままでは近い内にパンクするのは判っていたので相談が出来るのは兄しかいなかったので事情を説明し保証人の承諾をお願いしました。

 

兄にも生活があるのに50万を援助の上200万のローンを組むことで保証人になってくれました。必要書類が多く免許証.保険証も勿論の事所得証明書や印鑑証明書等も取得しなければならなかったので兄には手間と面倒をかけてしまいました。

 

書類をすべて揃え審査をしてもらいましたが5日程時間がかかりました。無事に審査を通過し1本化する事が出来たので毎月の返済額も約10万から4万に減らす事が出来随分余裕が持てる生活になりました。

私は大学4年生の頃、クレジットカードでお金を借りて、初めての海外旅行へ行きました。私はもともと苦学生であり、家庭の諸事情から両親の仕送りは一切なく、アルバイト代だけで生活していました。

 

大学が夜間学部だったため、まるで会社員のように、朝の通勤ラッシュに巻き込まれながら午前9時には勤務先へ行き、夕方遅くまで働いていました。大学4年生の秋ごろ、就職活動が終わった者から卒業旅行の話題に徐々に切り替わっていったのですが、私は自分の生活だけでいっぱいだったので、卒業旅行は自分にとっては関係ないものだと思っていました。

 

しかし、海外旅行に慣れている友人が、格安チケットで海外まで卒業旅行へ行かないかと、私に話を持ちかけてきたのでした。けっして安くはありませんでしたが、私が思っていたよりもかなり安く海外旅行へ行けるものだと初めて知り、私の気持ちは変わりだしました。

 

社会人になれば、まとまって休みを取るのは難しくなるだろうと考え、私はこの機会に思い切って、海外旅行へ行くことに決めました。持ち合わせのお金がなく、クレジットカードの限度額分を借金したのですが、借金してでも行く価値のあった旅行で、まったく後悔などしませんでした。

 

社会人になってから月に約2万円ずつ返済しましたが、当時はまだ家庭を持ってはいなかったため、無理なく返済することができ、1年を待たずして完済することができました。

私は過去に友人にお金を貸したことがあります。貸したといっても最初は少額の1万円を貸しました。昔からの友人ということもあり信頼もしていて、よく飲みに行ったりもしていたので信頼関係という面では全く問題がなかったので、まぁ最悪返ってこなくても1万円だからいいかなと思い貸しました。

 

約束通り翌月の給料日に1万円は返ってきたので、一応は安心していましたが、またその月の半ばぐらいに次は3万円貸してくれないかと相談がありました。私も人がいいのか分かりませんが、今回はしぶしぶ3万円を貸しました。さすがに3万円返ってこなかったら、痛いなと思っていたところ、約束の翌月の給料日に返済がありませんでした。

 

私もたまらず、いつ返してくれるのかを問いただしたところ、「ごめん、少し待って」と言われたので、少しだけを条件に待つことにしました。その次の月、翌々月になっても返済がありません。徐々に返済する気がないのではという思いが私の中に芽生えてくると、返済の要求も厳しくなり、少しずつ2人の間に亀裂ができていきました。

 

結局、その3万円は今でも返ってきていません。根っから悪い友人ではなかったので、何らかの事情があり、返済できないだけだとは思いますが、今では連絡もあまりとっていません。金の切れ目が縁の切れ目とはいいますが、昔からの友人で少額とはいえ、お金の貸し借りは良くないことを体感しました。